潤う肌工房図書館 Amazon library


アイテム詳細

吉川 典秀
小原 司
米谷 テツヤ(日本語版解説)

マイナビ出版

グループ:eBooks

ランキング:945

発売日:2016-09-20

只今品切れ中

このページのURLは
http://book.uruouhada.com/asin/Books/B01LW1BC2L/

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

 Atomic Design 〜堅牢で使いやすいUIを効率良く設計する

 なるほどデザイン

 UI GRAPHICS −世界の成功事例から学ぶ、スマホ以降のインターフェイスデザイン

 Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

 タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック―[デザインラボ]

 エンジニアリング組織論への招待 〜不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

 React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発

 Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2018年06月号 [雑誌]

 デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる 〜学び、考え、作る授業〜 (Design &IDEA)

レビュー(内容紹介)


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。

※リフロー版でも販売中です。http://www.amazon.co.jp/dp/B01LW2P4CP





デザイナーでない人のための、デザインの定番基本書。待望の第4版!

デザインの「4つの基本原則」。これを知るだけで、あなたのデザインはずっとぐっと、良くなります。プロではなくても、読みやすいデザイン、伝わるプレゼン資料、わかりやすいレイアウトを作りたい。そんなあなたのための、デザインの基本書です。

●本書の対象読者
仕事で、学習で、「デザイン」や「レイアウト」をしなければならない場面は、多々あります。本書は、プロではないし、デザインの学習に割ける時間はあまりないものの、自分の作るページや制作物を見栄え良くする方法を知りたい、という人のための本です。

●本書の特徴
1.デザインの「4つの基本原則」がわかる
近接、整列、反復、コントラスト……デザインの4つの基本原則として知られるこれらを最初に提示したのは本書です。良い例、悪い例を挙げて、具体的に原則を解説していきます。

2.作例を多数解説
基本原則を適用して、名刺、チラシ、パンフレット、広告などをデザインする際のテクニックを解説しています。考え方だけでなく、どのように原則を使っていけば良いかが、よくわかるでしょう。

3.活字を用いたデザインを解説
文字および活字は、デザインにおいて大きな役割を担っています。コミュニケーションを強化するための、タイポグラフィの基本からアレンジまで、解説します。

4.日本語版での追加項目
日本語版での追加項目として、日本語を使ったデザインでの「4つの基本原則」の適用方法を、名刺、フライヤー、ウェブなどの作例を用いて解説しています。

『この本がデザイン学校の4年間の代わりになる、と言うつもりはありません。また、この小さな本を読めば、自動的に優れたデザイナーになれる、と言うつもりもありません。しかし、あなたがページを見る目は確実に変わるでしょう。この本の基本原則に従えば、あなたの作品が、もっとプロらしく、組織化され、一体化され、おもしろくなることを保証します。』(著者「まえがき」より)


第1版発売から18年ずっと売れ続けているロングセラー、待望の【第4版】の登場です。

おすすめ

カテゴリー

Information